公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

プロ野球選手から学ぶ講演会(2月例会)

  • 広島東洋カープOBの北別府学さん、佐々岡真司さん、高橋建さんをお招きし「プロの自己マネジメントとは?」をテーマにクレイトンベイホテルで講演会を開催。

  • 広島東洋カープOBの北別府学さん、佐々岡真司さん、高橋建さんをお招きし「プロの自己マネジメントとは?」をテーマにクレイトンベイホテルで講演会を開催。

  • 道原理事長の挨拶。

  • 炎のアカデミー委員会・山下委員長の挨拶。

  • スムースに講演会を進行してくれた、司会の広島ホームテレビ榮真樹アナウンサー。

  • 本当にたくさんの人たちが集まってくれました。

  • 競争の激しいプロ野球界で長年生き抜いてきた経験を基に、我々の人生にも多いに参考になる話を聞かせていただきました。

  • 新たな試みとして呉青年会議所のFacebookページに質問を受け付け、スクリーンに表示。その中から司会の広島ホームテレビ榮真樹アナウンサーが質問を選び、講師の3名に投げかける方法を採用しました。

  • 北別府さんよりサインボールとグローブをプレゼントされる参加者。

  • 質問が採用された方には豪華カープグッズがプレゼントされました。

  • 為敷副理事長の締めの言葉。

  • 講演会終了後、今年度の入会候補者と現役会員との名刺交換会がおこなわれました。

  • 懇親会会場にて。有本直前理事長の乾杯の挨拶。

  • 講師の3名も引き続き参加し、記念撮影やオフレコ質問にも快く応じてくださりました。

  • 講師の3名も引き続き参加し、記念撮影やオフレコ質問にも快く応じてくださりました。

  • 講師の3名を囲み記念撮影。

  • 大役を終え、安堵の表情を浮かべる山下委員長。

  • 女性の「お姫様抱っこをして欲しい」という要望にも笑顔で応じてくれた佐々岡さん。

  • 最後に講師の3名から参加者へメッセージ。

  • 相原監事による監事講評

    「弁護士など先生と言われる職業は一般常識が無い人間の集まりであるが、私は青年会議所に入り一般常識を身に付けることができた。本日来られた入会候補者の方も是非入会して常識を身につけて欲しい」と最後に熱弁を振るう。

     

  • 炎のアカデミー委員会・松岡委員の渾身の鼓舞。優勝を祈念して全員で「それ行けカープ」を大合唱。

2014年2月3日(月)

広島東洋カープOBの北別府学さん、佐々岡真司さん、高橋建さんをお招きし「プロの自己マネジメントとは?」をテーマにクレイトンベイホテルで講演会を開催。
競争の激しいプロ野球界で長年生き抜いてきた経験を基に、我々の人生にも多いに参考になる話を聞かせていただきました。
新たな試みとして呉青年会議所のFacebookページに質問を受け付け、スクリーンに表示。その中から司会の広島ホームテレビ榮真樹アナウンサーが質問を選び、講師の3名に投げかける方法を採用しました。質問が採用された方には豪華カープグッズがプレゼントされました。
カープのエース・前田健太投手、ドラフト1位の大瀬良投手、野村監督の采配、今年のセ・リーグ順位予想など、ここでしか聞けない話題も飛び出し、カープファンには堪らない時間となりました。
講演の中で、北別府さんよりスポーツをしている子供に向けての言葉で「レギュラーで3年間頑張るより、補欠として3年間頑張り抜く方がよっぽどすごいんだ、これからの人生の大きな糧となる」という言葉は深く心に残りました。

講演会終了後、今年度の入会候補者と現役会員との名刺交換会がおこなわれました。講師の3名も引き続き参加し、記念撮影やオフレコ質問にも快く応じてくださりました。

広島ブロック協議会 新春会議・新春交流会

  • 公益社団法人日本青年会議所 中国地区 広島ブロック協議会2014年度 新春会議が開会

  • 2014年度広島ブロック協議会会長・萩原武司君が挨拶並びに基本方針を説明

  • 広島県知事代理 広島県商工労働局イノベーション推進部長・大石知広様が来賓祝辞

  • 公益社団法人日本青年会議所 中国地区協議会会長・山根康穂君が来賓祝辞

  • 広島ブロック協議会の理事メンバーから事業方針の説明

  • 広島青年会議所太鼓同好会による演奏披露で新春交流会がスタート

  • 萩原会長の挨拶

  • 広島青年会議所理事長・佐々木健一君が開催地LOM理事長として挨拶

  • 直前会長・細羽雅之君を表彰

  • 呉青年会議所理事長・道原正嗣君が鏡開きに参加

  • 皆で乾杯

  • 道原理事長が挨拶し今年度のLOMの活動を説明

  • 呉青年会議所メンバー全員が壇上に上がり、ブロックアカデミー実行委員長の為敷秀雄君が5月31日、6月1日に予定されているブロックアカデミーをアピール

  • 恒例の「若い我ら」斉唱

2014年1月31日(金)

公益社団法人日本青年会議所 中国地区 広島ブロック協議会2014年度 新春会議・新春交流会がリーガロイヤルホテル広島にて開催されました。

新春会議では、始めに広島県内12LOMから集まった出向メンバーの前で2014年度広島ブロック協議会会長・萩原武司君が挨拶並びに基本方針を説明。続いて広島県知事代理 広島県商工労働局イノベーション推進部長・大石知広様、公益社団法人日本青年会議所 中国地区協議会会長・山根康穂君が来賓祝辞を述べました。続いて我らが呉青年会議所から理事出向した人材拡大委員会 委員長・國久保純君を始めとする広島ブロック協議会の理事メンバーから事業方針の説明がありました。

新春会議から別室に会場を移し、広島青年会議所太鼓同好会による演奏披露で新春交流会がスタート。広島ブロック協議会会長挨拶、開催地LOM理事長挨拶、前年度役員表彰と続き、鏡開きがおこなわれ、皆で乾杯、歓談開始となりました。その後、壇上で各LOM紹介及び各理事長紹介、今後予定されている事業の紹介・PRがおこなわれました。

2014年度の広島ブロック協議会の指針を参加者全員が理解・共有すると共に、新春交流会の名の通り、各LOM間が多いに交流し、友情を深めることができた1日となりました。

京都会議

  • 京都会議出席者 全員での記念撮影

  • 厄祓いで有名な八坂神社

  • 旅の安全を願ってお参り

  • 最近体調の優れない増田室長(卒業予定者)は真剣な面持ちで厄を払ってもらっていました

  • 旅の安全を願ってお参り

  • 八坂神社にて記念撮影

  • 「清水の舞台から飛び降りる」ということわざで有名な清水寺を訪れました

  • 清水寺で記念撮影

  • 新入会員で記念撮影

  • 清水寺から八坂神社近くのロムナイト会場まで徒歩で移動

  • 今回ロムナイト会場とした「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」

  • 今回ロムナイト会場とした「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」

  • 道原理事長の挨拶

  • 相原監事の乾杯

  • DJならではのテクニックを生かしたイントロクイズをおこない会場を多いに盛り上げました

  • 広島ブロック協議会会長・萩原武司君の挨拶

  • 萩原会長から「志」をいただきました

  • 藤井副理事長、締めの言葉

  • 京都会議、会場内の雰囲気

  • 会場内は超満員

  • 朝から並んで、前方テーブル付きの席を奪取した

  • 麻生太郎先輩

  • 奥原先輩

  • 小畑直前会頭が昨年の活動を振り返り、感謝の言葉を述べました

  • 大迫力の映像演出

  • 第63代会頭 鈴木和也さん

  • 第63代会頭を務める鈴木和也君が「取り戻せ、日本の矜持を!」をスローガンに掲げた所信表明をおこないました

  • 第63代会頭を務める鈴木和也君が「取り戻せ、日本の矜持を!」をスローガンに掲げた所信表明をおこないました

  • しゃぶしゃぶ発祥の店にて、絶品のしゃぶしゃぶを堪能

  • 歌舞伎でお馴染みの南座

2014年1月25日(土)~26日(日) 京都会議参加のためロムツアー・ロムナイトが開催されました。

1月25日(土)
新幹線で京都に到着、ホテルにチェックインした後、厄払いで有名な八坂神社に向かいました。全国にある祗園社の総本社である八坂神社は、平安初期、京都に流行った疫病を払うために創建されたといわれています。卒業予定者の男性にとって今年は前厄にあたります。最近体調の優れない増田室長(卒業予定者)は真剣な面持ちで厄を払ってもらっていました。
続いて「清水の舞台から飛び降りる」ということわざで有名な清水寺を訪れました。清水の舞台の高さは13メートルもあるのですが、江戸時代にはご利益を信じて実際に飛び降りた人もいたそうです。
清水寺から八坂神社近くのロムナイト会場まで徒歩で移動。清水寺から八坂神社へ向かう散策ルートは、京都観光で最も多くの人が訪れる人気定番コース。基本コースである清水寺参道から「ねねの道」までおみやげ物屋・お食事所がたくさん並んでいます。
19時過ぎにロムナイトがスタート。今回会場とした「THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」(http://www.thesodoh.com)は、結婚式場としても使われるオシャレなイタリアンレストラン。広報委員会・糸谷委員長の意向で例年とは違った雰囲気の会場を選びました。ロムナイトの演出として、広報委員会・松本剛(ごう)幹事がDJ.GO(ディージェーゴー)に扮してパフオーマンスを披露。DJならではのテクニックを生かしたイントロクイズをおこない会場を多いに盛り上げました。

1月26日(日)
京都国際会館にて毎年恒例の新年式典が開催されました。
まず始めに歴代会頭・JCI役員の方々の紹介が行われました。続いて小畑直前会頭が昨年の活動を振り返り、感謝の言葉を述べました。最後に公益社団法人日本青年会議所 第63代会頭を務める鈴木和也君が「取り戻せ、日本の矜持を!」をスローガンに掲げた所信表明をおこないました。
公益社団法人日本青年会議所は『志高く未来へ 意気あふれる人財による 「たくましい国」日本の創造』を基本理念に据え、日本の矜持を取り戻し、未来への可能性を切り拓く運動を展開する。 また、全国に広がる強固なネットワークを活かし、地域で活躍する各地会員会議所を力強く応援し続ける組織へと更に進化していく、という強い決意を述べました。

Page Top