公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

京都会議

  • 広島駅にて、出発前にパシャリ

  • ちょっと気になる委員会 門脇委員長と白井幹事

    なにを願う?

  • ちょっと気になる委員会 松本副委員長

    夏までに痩せれるよう願った模様

  • 伏見稲荷大社での一コマ

  • ちょっと休憩

  • 高知JCとの合同ロムナイト

  • ロムナイト開始前のひととき

  • 高知JCメンバーと歓談中の中西委員長と鈴木副委員長

  • 高知青年会議所 松岡理事長

    要潤に似ていると話題に

  • 呉青年会議所 田尻理事長

  • 道原直前理事長による乾杯の発声にて宴の始まり

  • 1月誕生日のメンバーにサプライズでお祝い

  • 鈴木副委員長 お誕生日おめでとうございます

  • 原 特務機関長お誕生日おめでとうございます

  • 糸谷委員 お誕生日おめでとうございます

  • 高知JCのメンバーと共に

  • ラブ!金沢!!

  • 2人1組で一本締め

  • 全員での記念撮影前にお肉を一口

  • 高知青年会議所の皆様、ありがとうございました!

  • 2日目

    式典参加のため、京都国際会議場へ

  • 道原直前理事長も合流

  • 歴代会頭

    存在感が違いました

  • 2015年度会頭 柴田 剛介君

    所信表明演説

  • 最後にみんなで京都国際会議場前にて記念撮影

2015年度 京都会議ロムツアー

毎年1月恒例の京都会議ロムツアーに行ってきました!

2015年度の公益社団法人日本青年会議所の方針と会頭の所信を己の耳で聞き、心に刻み込む為のこのロムツアーは、1月24日(土)~1月25日(日)の2日間の日程です。

まず12時30分、広島駅に集合し、新幹線で京都に向けて出発。
車内はリラックスムードで、役職の垣根を越えて会員同士の親睦を深めていました。
14時半頃京都着。そのままツアー参加者全員で伏見稲荷大社へ。
全国にある稲荷神社の総本宮であり、ある海外旅行サイトで「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で1位も獲得しているこの神社。さすがに多くの人で溢れかえっていました。このお正月に御参りに来たばかりという折口副理事長の先導で、ぐるっ稲荷山を一周…といきたかったのですが、ロムナイトの時間も迫っていたので途中で引き返すことに。続きはまた来年以降!

そして19時より、公益社団法人高知青年会議所との合同ロムナイトがスタート。数年ぶりの合同ロムナイトは、どの席も両会議所メンバーが入り混じって懇親を深めており、高知青年会議所森本委員長によるフルート演奏、松岡理事長、田尻理事長からの誕生日会員へのプレゼント授与などのイベントもあり、大いに盛り上がりました。楽しい時間はあっという間に過ぎ、5月の高知合同例会での再会を約し、ロムナイトはお開きとなりました。

翌朝、新年式典に参加のため、京都国際会議場へ。早朝にも関わらず、長い人の列ができていました。
9時半になり式典がスタート。歴代会頭の紹介、来賓の紹介等があり、直前会頭の挨拶そして本年度公益社団法人日本青年会議所会頭の所信表明演説。内容の詳細は日本青年会議所のホームページに譲りますが、日本の再興にかける会頭の熱い想いが伝わる所信でした。

式典終了後は、全員で写真撮影し、一旦解散して自由行動。
再び京都駅に集合して新幹線で広島へ。到着後、田尻理事長の挨拶、ツアーの企画責任者であるちょっと気になる委員会門脇委員長が締めの挨拶を行い、一泊二日の京都会議ロムツアーは無事終了しました。

1月19日 1月第2例会

  • 正義のマントを身にまとった空本委員長指揮のもと、メンバー全員での「正義の五箇条」唱和からスタート。

  • 広報委員会 松本副委員長によるJCIクリード唱和

  • アカデミー委員会 川本幹事によるJCIミッション・JCIビジョン唱和

  • 広報委員会 白井幹事によるJC宣言、ならびに綱領唱和

  • 田尻理事長の理事長挨拶。

    新年開始の月ということもあって特に各種団体への新年互礼会に来賓として参加させて頂くことが多く、改めて呉青年会議所の理事長としての活動がスタートしたのだと身が引き締まる思いであったと述べられました。

  • 同好会のPRタイム。

    トップバッターは呉JC野球部

  • ボウリング同好会

  • テニス同好会

  • じゃがいもゴルフクラブ

  • 呉JCサッカー部39ers

  • 門脇委員長率いる「ちょっと気になる委員会」の登場。

  • 松本副委員長 今後のLOMツアー予定について説明

  • 最後の委員長挨拶では、門脇委員長の想いが語られました。誠実に自分の想いを語る広報委員長の姿は、まさに「誠実な広報」を体現していたのではないでしょうか。

  • 続いて、「誇りある日本人育成委員会」の発表。

  • 会員数推移のデータを示したうえで、経験豊富な委員会メンバー3人と田口副委員長の質疑応答形式で、会員減少の問題点とその解決策のヒントを探っていくという仕組みでした。

  • 台本に無い質疑応答で、田口副委員長をヒヤッとさせた寺下委員

  • 北川委員長による年間事業説明において、「誇りある日本人」を育成するためのプログラムが説明されました。

  • 根石室長による室長挨拶

  • 藤井監事による監事講評

2015年度呉青年会議所本格始動!

1月19日、新年互礼会に続き、1月第二例会が開催されました。
今年度初の通常例会は、正義のマントを身にまとった空本委員長指揮のもと、メンバー全員での「正義の五箇条」唱和からスタートしました。

田尻理事長の理事長挨拶では、まず新年度版ホームページ、会員手帳を担当した門脇委員長、先日の新年互礼会を担当した空本委員長にねぎらいの言葉を述べられました。どちらも特別会員、ご来賓の方からお褒めの言葉を頂戴したということでした。
続いて、田尻理事長が今月行った公職活動についての報告がありました。新年開始の月ということもあって特に各種団体への新年互礼会に来賓として参加させて頂くことが多く、改めて呉青年会議所の理事長としての活動がスタートしたのだと身が引き締まる思いであったと述べられました。

続いて同好会のPRタイム。以下の順番で、各同好会が趣向を凝らしたアピールをしており、勧誘活動に勤しんでおりました。
①呉JC野球部
②ボウリング同好会
③テニス同好会
④じゃがいもゴルフクラブ
⑤呉JCサッカー部39ers

食事休憩をはさみ、いよいよ担当例会のスタートです。

今月はアカデミー広報室の担当例会ということで、まず、門脇委員長率いる「ちょっと気になる委員会」の登場。

まず、「広報とは何か」という定義から始まり、今年の委員会テーマである「誠実な広報」とはどういうものかが発表されました。
そして、その「誠実な広報」を実現するために現在の問題点とその解決策が提示されました。
続いて松本副委員長から今後のLOMツアー予定について説明があり、最後の委員長挨拶では、門脇委員長の想いが語られました。誠実に自分の想いを語る広報委員長の姿は、まさに「誠実な広報」を体現していたのではないでしょうか。

続いて、アカデミー委員会である「誇りある日本人育成委員会」の発表です。
まず会員数推移のデータを示したうえで、経験豊富な委員会メンバー3人と田口副委員長の質疑応答形式で、会員減少の問題点とその解決策のヒントを探っていくという仕組みでした。
その後、北川委員長による年間事業説明において、「誇りある日本人」を育成するためのプログラムが説明されました。北川委員長らしい「人作りに関する熱い想い」がのせられたプログラムになっておりました。

「明るい豊かな社会の実現」には、ひとりでも志を同じくする仲間がいる方がよい。
根石室長の室長挨拶においても、会員一人ひとりが真剣に呉青年会議所の将来を考え、会員拡大に取り組んで欲しいというお願いがありました。

最後に、藤井監事による監事講評の後、「若い我ら」を斉唱し、1月第二例会は御開きとなりました。

1月10日 新年互礼会

  • 呉港高校空手部の皆さんによるオープニング

  • 田尻理事長による4枚の板割り

  • 三宅室長によるJCIクリード唱和

  • 根石室長によるJCIミッション・JCIビジョン唱和

  • 神田事務局長によるJC宣言、ならびに綱領唱和

  • 田尻理事長による理事長挨拶。

    強固な関係を作り上げる一年にしたいという決意が述べられました。

  • 特別会員会代表幹事の相原準一郎様のご挨拶

  • 呉市長小村和年様は、一緒にこの呉の街を盛り上げましょうと述べられました。

  • 呉商工会議所会頭の神津善三朗様のお話。

  • 海上自衛隊呉地方総監の伊藤俊幸様。

  • 道原直前理事長による、乾杯の挨拶

  • 今年度、理事メンバーの紹介

  • 中国地区協議会地区コンファレンス実行委員会

  • 思いやりあふれるまち創造委員会 中西委員長

  • 誇りある日本人育成委員会 北川委員長

  • ちょっと気になる委員会 門脇委員長

  • 正義の力向上委員会 空本委員長

  • 公益認定等内部審議特務機関

    原 特務機関長

  • 恒例の「明日のために」の斉唱

  • 特別会員会 会長 堀口勝哉様による「三本締め」の講和からの三本締めにて、2015年の新年互礼会は盛況のまま御開きとなりました。

新年明けましておめでとうございます!本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、新たな年のスタートとともに、呉青年会議所も新年度がスタートしました。
その1回目の例会、新年互礼会が去る1月10日、多くのご来賓や特別会員の方にご列席頂き、クレイトンベイホテルにて開催されました。

呉港高校空手部の皆さんによるオープニングは、新年の幕開けにふさわしく、フレッシュで気合いの入った見事な演舞でした。この演舞のラストには田尻理事長による4枚の板割りも披露され、今年の様々な困難を打ち破るという気概を感じることができました。

その田尻理事長の理事長挨拶では、今年のスローガンである「率先垂範」をかたちにした5つの基本指針により、各委員会がそれぞれ事業を展開し、委員会の運営をしていくということの説明がなされました。さらに今年は、呉青年会議所が43年ぶりに中国地区コンファレンスの主管となるため、特別委員会を設置してしっかりと「呉」をPRできる事業にしたいこと、さらに高知青年会議所との兄弟JC締結40周年の年でもあるので、さらに強固な関係を作り上げる一年にしたいという決意が述べられました。

続いて、ご来賓の方々からご挨拶を賜りました。
特別会員会代表幹事の相原準一郎様のご挨拶では、先述の地区コンファレンスや会員拡大への特別会員の方への御協力のお願いとともに、今年の干支である「未」の字にかけ、田尻理事長率いる今年の呉青年会議所の1年が豊かなものとなるよう願っていると激励を述べられました。
次に、呉市長小村和年様は、現役会員に対し、大都会で自分の力を試したいという気持ちにかられる若い時期に、ふるさとである呉の街で仕事を頑張ってくれていること、また青年会議所活動を通して呉の街づくりに寄与してくれていることについて感謝を述べられ、一緒にこの呉の街を盛り上げましょうと述べられました。
続いて呉商工会議所会頭の神津善三朗様より、呉市の「陸の孤島」問題も解決に向かっている今、ともに地方再生を頑張っていこうという激励を頂戴し、最後の海上自衛隊呉地方総監の伊藤俊幸様は、ユニークな語り口で会場を沸かせながらも、「小さくまとまることなくどんどんチャレンジしていってほしい」という若い我らに対して強力なメッセージを発信されました。

続いて、道原直前理事長による乾杯の挨拶の後、歓談に移りました。
新年度のスタートということもあり、特に新年度の委員会スタッフは積極的に挨拶に回っていました。そこで諸先輩から厳しくも温かい激励の言葉をもらっており、これから始まる新年度への決意を新たにしたようです。

歓談中、理事の紹介、出向者紹介、各委員会の紹介があり、最後にメンバーを代表して神垣専務理事よりご来賓の方々への感謝が述べられました。
そして、恒例の「明日のために」の斉唱の後、特別会員会会長堀口勝哉様による「三本締め」の講和からの三本締めにて、2015年の新年互礼会は盛況のまま御開きとなりました。

Page Top