公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

兄弟締結40周年!!

「跳んで走って、食べて飲んで。40年を経て更に深まる兄弟の絆」

「…ほんとに運動会なんてできるのか?」
前日からの雨により、当日の高知の天気予報を確認していた呉青年会議所のメンバー、そして現地で実際に降り注ぐ雨を見ていた高知青年会議所のメンバー
誰もが運動会の開催を心配する中、決行を貫いた高知青年会議所「スマイル☆はっしん委員会」の森本委員長の強い想いが通じたのか、5月16日土曜日の高知の地では、運動会開催時には雨はすっかりとやんでいました。

そんな奇跡から始まった運動会、盛り上がらないわけはありません。
運動会では、高知と呉のメンバーが混合で紅白チームに分かれ、各種目で対決するというかたちで行われました。
両理事長による挨拶、紅白チームのキャプテンによる選手宣誓、そしてラジオ体操2級指導士(⁉)である森本委員長のリードによるラジオ体操を行い、競技に入りました。
行ったのは、①障害物競走②2人3脚リレー③大縄跳び④綱引き⑤責任リレーの5種目。はじめはお互い遠慮もありましたが、一緒になって身体を動かし、チームメイトとして同じチームの応援をするうちに打ち解けていき、各競技、各シーンで笑いあり、拍手あり、ハイタッチありの盛り上がりをみせていました。

その後いったん解散し、18時15分から、合同例会を行いました。
国歌斉唱並びにJCソング斉唱、JCIクリード唱和、JCIミッション・JCIビジョン唱和、JC宣言並びに綱領唱和、高知青年会議所松岡理事長による挨拶、呉青年会議所田尻理事長による挨拶。いつもの例会とは違い、高知と呉のメンバーが交互に担当しました。そして、ご列席いただいた先輩を代表し、高知青年会議所シニア代表世話人 宮地 貴嗣先輩よりご挨拶を頂き、呉青年会議所特別会員の槇岡 達真先輩よりご挨拶を頂戴しました。
そして高知、呉の各委員会の委員長がそれぞれの委員会紹介を行い、高知青年会議所 中島監事、呉青年会議所 藤井監事による監事講評があり、若い我等を唱和し、最後に集合写真を撮影して合同例会は終了しました。

続いて、40周年記念事業「Sweet Love40th Anniversary」へと移ります。
40年の歴史ビデオ上映が終わると、ウエディングソングにのって、田尻理事長がタキシード、松岡理事長はウェディングドレスで入場されました。まさかの姿の両理事長に、当事者のお二人は大いに照れていらっしゃいましたが、会場はおおいに沸きました。そして、高知・呉の兄弟歴史の紹介、両理事長による締結書朗読があり、高知の森本委員長、呉の平原君の伴奏による兄弟歌へと続きました。その後、運動会表彰(結果は赤組の勝利!)、高知青年会議所が兄弟締結40周年を記念して作成してくださった横断幕の授与が行われ、高知青年会議所    
野中 朋之先輩による乾杯となりました。
歓談中は、お酒も入って各所で高知・呉のメンバー入り混じって盛り上がっていました。
そして両理事長が再び壇上にあがり誓いの言葉を述べ、続いて全員が輪になって両手をつないで「明日のために」を斉唱。最後に高知青年会議所和泉委員長、その和泉委員長と兄弟仲という呉青年会議所藤井監事によるエール斉唱が行われ、呉青年会議所 神田 政明先輩が中締めを行い、懇親会はお開きとなりました。

その後は高知、呉のそれぞれの同じ担当委員会ごとに分かれて二次会をして、多くのメンバーが三次会、四次会へと続いたようです。
高知青年会議所の皆様、本当にありがとうございました。来年は呉の地でお待ちしています!

ちょっと気になる呉JC

  • 仮入会員の記念撮影から大抽選会がスタート。

  • 準備が終わり、暫しの休息時間。

  • 田尻理事長による、始まりの挨拶

  • アンケートスタート!

  • アンケート本部ブースはいつもいっぱい!

  • 住井副委員長はとても写真うつりが良い!(本物もイケメン)

  • 歩行者天国でポーズをとる槇田委員。

  • 写真にたまたま写り込んだ女の子と仲良くもう一度ポーズ(笑)

  • こちらを拠点に再度、エリアの確認中。

  • 市民の皆様とアンケートの合間に談笑。

    この何気ない会話が時にはアンケートより大切なことも!

  • 日中はとても暑い!

  • 子供達に大人気のてつぞー。

  • 少し眠たそうな森田委員。

  • 呉JCのPRタイム!

  • 呉JC のPRタイムを見守ってくれている松岡先輩。

  • 休憩中にカメラを向けるとワザと驚いてみせるお茶目な白井幹事(笑)

「ちょっと気になる呉JC」

空は晴れ渡り、日中は半袖でちょうどいいくらいの陽気につつまれた4月29日、呉みなと祭りが開催され、我が呉青年会議所は「祝⚓てつぞー5周年 大抽選会」と「特設ステージにおけるPR」を行わせて頂きました。

この発信事業は、ちょっと気になる委員会(広報委員会)の担当です。

大抽選会は、呉市民の方々の生の声を拾い上げ、その考えを正確に把握するという目的のアンケート調査も兼ねており、より多くの意見を集めることが必要でした。
そのために、目標回答数はかなり高めに設定されており、本当にそのような数が集まるのか不安な部分もありましたが、この事業の担当であったちょっと気になる委員会のメンバーをはじめ、理事長から仮入会員まで、事業に参加して頂いた呉青年会議所メンバー全員がそれぞれ率先垂範して頑張ってくれたおかげで、かなり多くの数が集まりました。
もちろんこれは呉みなと祭りに遊びに来ているなか、わざわざ足をとめてアンケートに時間を割いて下さった市民の皆様のおかげでもあります。ご協力ありがとうございました!

ステージでのPRでは、司会者のお二人と問答形式で、田尻理事長による呉青年会議所の紹介から各委員長のそれぞれの事業や委員会目的のPRなどを行いました。司会者の方は「さすが」という軽妙なトークで、うまく盛り上げて頂きました。

この度の事業では、呉青年会議所のメンバーひとりひとりが広告塔となって、市民の方々に接するという側面もありました。熱い中、額に汗しながらもさわやかにアンケートをお願いする姿、「あの風船どこでもらえるの?」など呉青年会議所とは直接関係のない質問にも誠実に対応している姿、アンケートを通して市民の方々と様々なコミュニケーションをとっている姿などが各所で見受けられ、そんな姿を目にした市民の方々には、きっといいイメージをもって頂けたのではないかなあと思います。
あとは、頂いた意見をきちんと分析し、今後の事業、及び青年会議所活動をより良いものとしていきます!

Page Top