公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

「セナカで語れる大人たちが溢れる街に」

「セナカで語れる大人たちが溢れる街に」

梅雨まっただ中の事業ということで当日の天候が危ぶれていたなか、奇跡の晴天で迎えることができた6月21日の日曜日、呉中央学園にて、大人のセナカ委員会の「大人達よ!セナカで語れ!」事業が開催されました。

この事業は、午前の講演会で学んだことを午後からのスポーツチャレンジで実践するという二部構成で行いました。

第一部は、元読売巨人軍のエースであり現在野球解説者、指導者である桑田真澄さんによる講演会。講演のテーマは「夢をあきらめない」で、その内容も面白いものでしたが、参加者からの質問に対する回答や、桑田さんのこれからの目標などを話すなかで、「子供たちや教え子に対して、大人または指導者がどういう態度で接するべきか」について語られており、「セナカで語れる大人」になるためのヒントも随所に散りばめられた講演会となりました。

その間、子供たちは体育館にて午後のスポーツチャレンジに向けて練習を行いました。この練習タイムは呉青年会議所メンバーが主導しましたが、普段自らも「親」であるメンバーも、そうではないメンバーも、みな一様に「大人のセナカ」を語る事業にふさわしい態度を意識しながら、楽しく子供達と交流していました。

そして迎えた第二部「親子スポーツチャレンジ」。体育館とグラウンドに設置された各アトラクションに、親子でチャレンジし、その目標をクリアしていく過程で、大人として子供たちにどう接するかを実践してもらう場でした。

野﨑委員長の普段の行いが良すぎたのか、炎天下ともいえるくらいの天気になってしまった午後のグラウンド、そして蒸し風呂のような体育館。このように非常に過酷なコンディションであったため、子供たちの体調だけでなく、親たちのモチベーションも心配していましたが、結果としてその心配は杞憂に終わりました。蒸し風呂の体育館、炎天下のグラウンドには、午後4時半の終了時間ギリギリまで、「ひとつでも多くのアトラクションをクリアしよう!」と走り回る親子の姿で溢れていました。思いがけないファインプレーに拍手をし、笑い合い、うなだれる子供を励まし、そして自ら大粒の汗をかきながらアトラクションに取り組む…。セナカで語れる大人たちの姿がそこにはありました。

しかし、この素晴らしい光景は、私たち呉青年会議所のメンバーだけでは決して作り出すことができなかったでしょう。それが達成できたのは、休日にも関わらずこの事業に快く協力して下さった各指導員の方のご尽力があってこそです。午後1時から3時間半にわたって途切れることなく続く親子のチャレンジに対し、ほとんど休みなく全力で対応して下さった指導員の皆様。本当にありがとうございました。皆様の後ろ姿にも、「大人のセナカ」を見させて頂くことができました。

6月例会『大人のセナカ』

「6月例会 『大人のセナカ』とは…」

記録的な暑さであった5月が終わり、われらが呉青年会議所でもクールビズが始まった6月1日月曜日、クレイトンベイホテルにて6月例会が開催されました。

国歌斉唱やJCIクリードの唱和に並び、すっかり今年度の恒例となった「正義の五箇条」唱和から本例会もスタート。

田尻理事長による理事長挨拶では、先日のみなと祭りで行った、ちょっと気になる委員会の事業に対し、本年度一発目の対外事業であったが、非常に高い成果を上げて頂いたと、委員会メンバーをはじめ当日協力したすべての会員に対し、労いの言葉を述べられました。そして、理事長も選手として奮闘したブロック野球大会の優勝については特に準決勝について触れられ、8点も先取されたにも関わらず、藤井監督が作り上げた今年のチームは決してあきらめない心をもっており、奇跡の逆転劇を演出したということに非常に感激され、この勢いを是非今後の事業につなげていきたいと述べられ、高知合同例会、ブロックアカデミーについて報告されました。

続いて、神垣専務理事により理事会報告が行われたあと、キャラバンに来られていた尾道青年会議所の皆さんから、第45回広島ブロック大会のPRがなされました。「故郷魂」というスローガンを掲げ、地域創生に寄与するような大会運営を行っていくという志を述べられました。

さらに、本例会にはもう一組キャラバンにこられており、東京は浅草の地で行われる国際アカデミー委員会について、寄兼会計幹事、鍋倉委員からPRが行われました。

そして、今回の例会担当は大人のセナカ委員会です。

桑田氏に扮した山崎委員による、桑田眞澄氏の紹介から始まりました。
続いて住井副委員長から事業のスローガンが発表され、「なぜ桑田氏に公演を依頼したのか」「なぜその直後である午後の部に親子スポーツチャレンジを設けたのか」についての説明を行いました。続けて事業当日の午前の部(第一部)についての説明を行いました。
その後、野﨑委員長から午後の部(第二部)の詳細について説明がありました。
当日行うアトラクションのうち、①ドリブルリレー②連続ノック③スポーツチャンバラの実演を交えて、当日の運営についてイメージがもてるような具体的な説明も行いました。

そして委員長挨拶、明神副理事長による副理事長挨拶と続きましたが、おふたりとも「当日、呉青年会議所のメンバーが大人のセナカを見せられるような、規範ある行動をとること」がいかにこの事業において重要であるかを述べられました。

最後に髙橋監事による監事講評があり、若い我らを斉唱し。6月例会はお開きとなりました。

グローバルリーダー育成塾広島体験プログラム

  • 朝早くから気合十分の国久保委員

  • 中島議長の話を聞く寺下委員・国久保委員

  • 中島議長と打ち合わせする槇田委員

  • 満員の会場

  • 日本青年会議所第56代会頭 奥原祥司先輩と日本再興会議 中島議長

  • ご挨拶される日本再興会議 中島議長

  • ご挨拶される奥原祥司先輩

  • 国久保委員・明神副理事長・杉原委員・槇田委員

  • 中島議長とお話しする明神副理事長

  • 高崎副議長と盛り上がる明神副理事長と国久保委員

  • お子さんと和やかな雰囲気

  • 打ち合わせする寺下委員と槇田委員

  • 出向者揃っての記念撮影

5月30日、公益社団法人日本青年会議所 日本再興会議のメンバーが呉の地を訪れ、グローバルリーダー育成塾広島体験プログラムが開催されました。
日本再興会議には呉青年会議所から杉原侑加子くん・寺下正博くん・槇田丈洋くん・国久保純くんの4名が委員として出向しています。
この日は海上自衛隊教育隊での講義からスタートという事もあり、出向している呉青年会議所のメンバーも朝早くから設営を手伝っていました。
9:30から受付がスタートすると全国各地からご来呉頂いた塾生の皆さんで、講堂はすぐにいっぱいとなりました。
グローバルリーダー育成塾広島体験プログラム開催にあたり、日本再興会議 中島議長より趣旨説明が行われ、その後講義が始まりました。
講義は古庄 幸一様にご講演頂き、テーマは『国防について』お話しをされました。
その後の質疑応答では塾生から、日本の国防について直近のニュースを交えた質問や、これから先他国との関係などの非常に興味深い質問がなされました。
 続いての講義は海上自衛隊呉地方総監部幕僚長 海将補 南 孝宣様にテーマ『呉地区について』のご講演を頂きました。
その後、講義を終え満足そうな表情の塾生達と講堂を後にしました。

海上自衛隊教育隊を出た後は、チームに分かれ大和ミュージアムとてつのくじら館を見学し、クレイトンベイホテルに移動、18:00からグローバルリーダー育成塾懇親会が行われました。
懇親会には日本青年会議所第56代会頭 奥原祥司先輩にご出席頂き、日本再興会議 中島議長をはじめとするメンバーの皆さんとしっかりと懇親を図って頂きました。

懇親会終了後は場所を移し、地元の料理や屋台で呉のまちをしっかりと堪能して頂き、呉での長い1日が終了となりました。

Page Top