公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

「7月例会 無人島から思いやりの種を!」

「7月例会 無人島から思いやりの種を!」

梅雨らしいあいにくの空模様のなか、7月6日月曜日、クレイトンベイホテルにて7月例会が開催されました。

国家斉唱やJCIクリード等の唱和を行い、本日も「正義の五箇条」を全員で唱和しました。

田尻理事長による理事長挨拶では、昨日惜しくもW杯決勝戦で敗退してしまったなでしこジャパン宮間キャプテンの言葉を引用し、これからさらにJC活動に邁進し、今年度が終ったときに「最高の仲間を得ることができた」と言えるように精一杯頑張っていきたいと決意を述べられました。
そして、先日、事業を開催した大人のセナカ委員会および誇りある日本人育成委員会の両委員会に対し、各事業の成功の御祝いとメンバーへの労いの言葉を掛けられました。
翻って、これから行われる正義の力向上委員会の家族会員交流事業、本例会の担当である思いやりあふれるまち創造委員会の事業、そして中国地区コンファレンスへの期待とメンバー全員の更なる協力のお願いを述べられました。

続いて、神垣専務理事により理事会報告がなされたあと、慶弔報告があり、前回の例会出席率の発表がありました。6月はメイク含めて今年度3度目の100パーセント例会を達成しました!

そして、食事をはさみ、思いやりあふれるまち創造委員会のプレゼンが行われました。

某人気RPGをモチーフにしたオープニングムービーのあと、堀越幹事より趣旨説明が行われました。この事業を、参加した子どもたちに「人に思いやりをもつ人間になるためのきっかけ」にして欲しいということです。そのためには、できるだけ大人の手が入れないようにし、子どもたちだけで考え、話し合い、行動させることが大切であり、であるからこの事業ではあえて失敗も経験させ、その分「振り返りの時間」を重要にしてもらうと説明しました。

続いて当日のおおまかなスケジュール、事業開催場所である柏島の説明がなされました。

そして、鈴木副委員長が当日の注意点を述べました。その最大のポイントは「安全第一、人命第一」です。参加した子どもたちを無人島という場所に連れて行く以上、無事に親御さんにお戻しすることが最も大切なことです。
その上で、この事業の目的を達成するために、子どもたちに対しどのように接するべきなのかを、寸劇を交えて説明を行いました。山下委員、國久保委員、森田委員、橋津幹事という、思いやりあるれるまち委員会が誇る名俳優たちの演技も堂に入っており、笑いもありながら分かりやすい内容になっておりました。

そして中西委員長が委員長挨拶でこの壮大な事業に対する決意と覚悟を述べられた後、明神副理事長が、「子どもたちの安全のため、ひとりでも多くの目を柏島に」と改めてメンバーの参加協力をお願いし、プレゼンは終了しました。

最後に藤井監事による監事講評があり、若い我らを斉唱して、7月例会はお開きとなりました。

『誇りある日本人育成セミナー1』

 7月2日(木)呉森沢ホテルにて、誇りある日本人育成委員会による『誇りある日本人育成セミナー1』が開催されました。
田尻理事長による挨拶の後、北川委員長による趣旨説明が行われ、セミナーがスタートしました。
この日のセミナーは講師に木村 隆司先生をお招きしご講演を行って頂きました。
ご自身の生立ちや仕事の話、どのような活動をされてどのように生きてきたのか等お話頂き、
日本の戦前戦後の歴史、日本人の誇りとは何なのか、我がまち呉の話題も交えながら色々なお話しを頂きました。
この日参加した多くの現役メンバーと共に、最前列の席では仮入会員6名全員が先生のお話に聞き入っており、約60分という時間はあっという間に過ぎてしまいました。
最後に先生から印象に残る『1枚の写真』を会場のメンバーに回して頂きましたが、その写真を見たメンバーは各自、当日の講演内容と共に様々な事を考える大変有意義な時間となりました。
講演後は根石室長より謝辞が述べられ、『誇りある日本人育成セミナー1』は終了の運びとなりました。

セミナー終了後は、木村 隆司先生に懇親会もお付き合い頂き、多くのメンバーと親睦を深めて頂きました。中でも仮入会員は先生を取り囲むように夢中でお話しさせて頂きましたが、笑顔でご対応頂き、長時間にわたり本当にありがとうございました。

Page Top