公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

8月例会

  • 藤井次年度理事長予定者のスピーチです。

  • 明神専務理事から理事会報告がありました。

  • WE LOVE KURE委員会のメンバーです。

  • 住井委員長の政見放送風エピローグ

  • スペシャルゲストの徳田先輩。張り切ってます!

  • 熱演の平原委員(村の老人風)
  • 野津幹事(村人A)

  • 道原委員の王様側近

  • 住井委員長のスピーチです。

  • 担当副理事長の神田副理事長。

  • 折口監事より監事講評いただきました。

  • 神垣理事長の挨拶です。

  • なまず大魔王を~封印せよ!

8月1日。呉青年会議所の8月例会が開催されました。

まず初めに神垣理事長から、例会前の総会で晴れて承認された、藤井次年度理事長予定者を紹介されました。藤井理事長予定者は、2017年度を最高の年とするために、おのれの言葉に魂をのせてメンバーに伝えて行きたい、と次年度に向けた思いを語りました。

続く理事長あいさつでは、先日行われた海の家~Children’s Company~事業について、メンバーへ労いの言葉をかけると共に、参加協力した仮入会員に対しては、感じた事業の楽しさや醍醐味などを、今後の糧にしてほしいと伝えました。この事業は10年後子供たちが再会を果たすまで終わりません。
事業中は、子供たちが呉の自然の中で積極的に自ら行動する姿を思い返し、子供たちにこの事業にこめた思いが伝わったかどうかは、10年後成長した子供たちに聞くのが一番だとおっしゃられました。

【担当例会】
今月の担当例会はラブライフ!委員会の発表でした。
政見放送を模した住井委員長のスピーチ動画から始まりまったのは、8月28日にポートピア呉で開催される「なまず大魔王を封印せよ!」をメンバー全員に説明し、協力をうながす決起例会でした。
なまず大魔王を封印する、というロールプレイングの世界観をメンバーが共有し、登場人物の一人となって参加者を惹き込むことが必要とされるこの事業において、ラブライフ!委員会全員が体当たりで実践した例会は、友情出演のゲストが光る動画と、各重要イベントのパートでの役割を委員たちが熱演する寸劇でした。
住井委員長の思惑どおり、例会会場がぐんぐんとなまず大魔王の世界観に惹き込まれで行ったように感じました。
参加者に楽しんで、そして身になる知識を学んで帰ってもらいたい。その思いをメンバー全員で共有し、当日は一人一人が役割を演じることが大切であると心に留めた決起例会となりました。

8月28日は呉ポートピア!そして、みんなでなまず大魔王を封印しましょう!

海の家~Children’s Company~

  • みんなで記念撮影しました。

  • 営業前のミーティングです。

  • 大きな声を出し、アイスクリームを買ってもらいました。

  • 会場の県民の浜で泳ぎました。

  • オフの時間も大切な思い出です。

  • 頑張った後の晩御飯はおいしいです。

  • 楽しくおしゃべりしながらの晩御飯。

  • ご飯の後はその日の反省会です。

  • みんな真剣です。

  • 一人一人その日の評価をしていきます。

  • 頑張った後は打ち上げ!

  • 乾杯からはじまります。

  • 堀越マスターも気合い入ってます。

  • いつもより緊張してる?

  • リクエストしたカクテルジュースで乾杯です。

  • 一日目の売上一番の商品です。

  • よくがんばりました。

  • 売り上げ結果の発表です。

  • 最後に国久保委員長から挨拶です。

  • 2か月間最後のエンドロールです。

  • 最後はハイタッチでお別れしました。

子供の心に衝撃を!

という目標を掲げて、7月30日、31日の2日間オープンした海の家~Children’s Company~。
いよいよ夏本番を迎えた蒲刈島、県民の浜は、子供たちの笑顔と汗でいっぱいになりました。

6月の保護者説明会から始まり、3つのグループに分かれた子供たちが、海の家の運営を商品の企画から店舗経営まで、子供たちの手で実践する今事業。問題に突き当たった子供たちが知恵を出し合って乗り越える姿が随所で見られました。

各日売り上げ順位が発表される事もあり、みんな必死に自分のグループの商品を売ろうと、カウンターから大きな声で客寄せをする子や駐車場までセールスに行く子、浜辺まで移動販売する子など、オリジナリティ溢れる販売方法を次々と編み出す子供たち。中でも、フードスペースや駐車場などで配られるおしぼりに、商品の広告を手書きで書き、それを持参した人にはサービスで商品増量をするというクーポンを考案しPRする姿には、我々呉JCメンバーも舌を巻きました。

夕食の後に行われた反省会では、グループのメンバーでその日の自分たちを客観的に評価しました。評価をする側に立つ事により、個々の責任とチームワークがより一層増していったと思います。
そして更に、次の日に向けた目標を各グループで設定してもらう事により、自分たちで運営しているんだ、という自覚が芽生えたように感じました。

店舗経営だけでなく、休憩時間には海水浴や天体観測、子供たちのためのバーなど、子供達にとって忘れられない夏にするために多くの体験をして貰いました。その中で言い争う子供や、反りの合わない子供も見受けられましたが、開店中はそんなことも感じられないチームワークを発揮し、売上一番になるという目標に向う姿はまぶしかったです。

2日目の営業後には、これまで行ってきた会議や店舗経営のVTRを上映して、みんなでこの笑いあり苦しさありの数ヶ月を振り返りました。
そして最後に記念樹を植えて、ここでまた10年後に集まろう、とみんなで約束をしました。

10年後、すっかり大人になった彼らとお酒を酌み交わしながら、「呉ってやっぱりええよね!」と語り合える日を、われわれも楽しみにしています。

Page Top