公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

理事役員 所信紹介director-belief

ご挨拶

仲間と分かち合う笑顔 ~Link for you~

仲間の絆 委員長
野津 大輔

〔基本方針〕

いじめの認知件数は過去最多となっている。特に最近はインターネットやスマートフォンの普及により、これまでより簡単に仲間外れなどを引き起こしやすくなった。子ども達は、相手のことを理解し受け入れることができないからだと考える。自分の子ども時代を思い返しても、自分本位な考えを相手に押し付け些細なことで喧嘩になってしまったことがある。

子ども達によって様々であるが、学校や塾など同じ環境にいて共通の話題があれば、盛り上がることができるし、楽しいだけの友達はたくさんいるだろう。しかし、そんな友達同士の間でも些細なことがきっかけとなり、いじめや仲間外れが発生する。自分本位の考えを相手に押し付けて、相手の考えを理解しようとしないことから起こるのではないかと考える。

自分は、学生時代、部活動で強豪校を倒した時や、呉JCで一つの事業を成し遂げた時など、仲間の繋がりができた。同じ目的を持ち共に助け合って取り組んでいくことが仲間の繋がりであると考える。困難に打ち勝った時に得られる達成感を知れば、喜びを分かち合い輝く笑顔があった。笑顔があるところにいじめや仲間外れはない。

ただ、子ども達にとって仲間という繋がりを築く機会がほとんどないのが現状である。同じ目的を持ち、共に助け合い困難を乗り越えることができれば、仲間の繋がりができる。困難が大きいほど繫がりは強いものとなって絆になる。子ども達が仲間の繋がりを理解して笑顔になれることを知れば、さらに新たな仲間を増やしていくことで笑顔が輝くまちになる。

今年度、当委員会は子ども達の笑顔を輝かせる。それはただ楽しいから笑うだけではなく、目的に向かって仲間と共に困難を乗り越え、喜びを分かち合った時に生まれる最高の笑顔だ。

この呉のまちに笑顔が溢れるよう一年間邁進していく。

〔事業計画〕

1.事業名:4月担当例会

目的:当委員会の事業展開を円滑に行うため、基本方針及び目的をメンバーに理解してもらう

方法:委員会プレゼンテーション

2.事業名:7月担当例会

目的:当委員会が行う事業プラン及び目的を周知し、事業への協力を仰ぐ

方法:委員会プレゼンテーション

3.事業名:みんなで築く笑顔のまち事業(仮)

目的:仲間の繋がりという大切さを認識してもらい、仲間の絆をつくる

方法:体験型事業の実施

4.事業名:その他

Page Top