平原 雅啓|2014年度 公益社団法人呉青年会議所WEBサイト

2014年度 公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

理事役員 所信紹介director-belief

ご挨拶

Groovy!!

三ッ星総務 委員会 平原 雅啓

〔基本方針〕

Groovy(グルービー)とGroove(グルーヴ)の形容詞で音楽のリズムにおける「うねり」や「波」のようないわゆる「ノリ」を表す音楽用語のひとつである。”

音楽を楽しむとき人はその音楽の持つ時間軸に自分の感覚を同調させることによって、身を委ねていき、高揚感を得る。演奏をする側はお互いに音楽の軸を読み合い演奏し「ノリ」を作り出していく。そして聴く側はその「ノリ」を共有する事でその音楽を楽しむ。

 

青年会議所では毎月メンバー全員が集う場とし例会を行い、例会では青年会議所のメンバーとしての意識を統一し、組織の一員であることの認識を高め、一人ひとりが事業趣旨を理解し、共有する。そうすることでメンバーはより結束し、事業への力となる。

 

表向きではそういった意義を理解しつつも、貴重な時間を割いて例会に参加する事に疑問を持った事はないだろうか?私は少なくとも思った事がある。しかし、楽しかった例会や感動した例会もあり、そういった例会に出会えると「来てよかった。勉強になった。」と心から思い、その事業に対してのモチベーションも自然に上がる。

 

例会におけるGrooveは簡単に創り出せるものではなく、演奏者一人ひとりが、曲を理解し、感覚的なセンスや呼吸が必要なように、例会においても各担当委員会メンバーの入念な準備や工夫、例会中の言葉や間、雰囲気などすべてが必要である。また、聴衆側も担当委員会の創りだすGrooveを確りと感じ取ろうとする姿勢も必要である。そうする事でお互いがGrooveを同調させていき、伝えたいことをしっかりと共有できるのではないか。その結果、メンバーが理解し、満足する事で例会に参加する意義を感じ、モチベーションも上がり、結束へと繋がっていくのではないか。例会会場がGroove感で一体になったとき、メンバーが一体となったGroovyな事業というコンサートは幕を上げるだろう。

 

そして三ッ星総務委員会は各例会担当委員会がGroovyをスムーズに気持ちよく出せるよう抜かりのない会場設営や運営と担当例会前の会場の雰囲気を良くする事を約束し、ミシュラン三ッ星の意味である“それを味わうために旅行する価値がある卓越した料理”すなわち、卓越した例会を提供することで、メンバー一人ひとりが本当に来て良かったと思えるよう精進して参ります。

 

それでは開演までしばらくお待ちください・・・。

〔事業計画〕

1.事業名:総会運営

目的:総会を円滑に運営するため

方法:資料作成、会場設営、受付、運営、司会、議事録作成を担当する

実施予定日:毎総会

 

2.事業名:例会運営

目的:例会をJAYCEEとしての意識統一と確認の場とし、組織・所属委員会の一員であることを自覚し、会員相互の交流と、より高度な地域貢献活動を展開するため。

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:毎例会

 

3.事業名:1月例会(新年互礼会)

目的:2014年度(公社)呉青年会議所の理念と基本方針について行政や関係諸団体に直接伝える事で、今後のご理解とご協力に繋げ、より成果の高い地域貢献活動を展開するため

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:1月11日(土)

 

4.事業名:6月例会(高知合同例会)

目的:呉JCと高知JCの連携を促し、今後より高度な地域貢献活動を展開するため

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:6月21日(土)日程の変更がある際は修正

 

5.事業名:11月例会(創立記念日例会)

目的:(公社)呉青年会議所の創立以来の歴史を振り返ることで当団体の理念を再認識し、今後より高度な地域貢献活動を実現するため

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:11月11日(火)

 

6.事業名:12月第1例会(次年度担当例会)

目的:次年度の基本方針をメンバー全員で共有することで、今後の地域貢献活動を展開する出発点とするため

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:12月1日(月)

 

7.事業名:12月第2例会(卒業式・卒業送別会)

目的:卒業生の功績を称えると共に、卒業後の公益活動を喚起することで、明るい豊かな社会を実現するため

方法:会場設営、受付、運営、司会を担当する

実施予定日:12月20日(土)

 

8.その他

〔活動計画〕

1.活動名:会員拡大の推進

目的:(公社)呉青年会議所の会員拡大

方法:会員全員による募集

実施予定日:年間を通して

 

2.活動名:(公社)日本青年会議所との連携・協働

目的:(公社)日本青年会議所を中心とするJCI、中国地区協議会、広島ブロック協議会との連携強化

方法:各種会議、大会、事業への参加・支援

実施予定日:年間を通して

 

3.その他