公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

12月第2例会

12月15日 12月第2例会が行われました。

新谷委員長が1年間推し続けた「F-1」にちなみ、12月第2例会は「チェッカーフラッグ・グランドフィナーレ」と題して、納会・卒業式・卒業送別会が行われました。

卒業式では、本年度の卒業生6名に対し、明神理事長より感謝状が手渡されました。

卒業生の皆様からも、それぞれの想いのこもったスピーチをしていただきました。

現役メンバーを代表して、国久保副理事長より、送辞が朗読されました。

卒業生からは、住井専務理事より、答辞が朗読されました。

納会は、理事長による本年度の総括から始まりました。

7月の豪雨災害に遭いながらも、事業をやりとげた各委員長に対する謝意が述べられ、来年度への激励で締めくくられました。

 

歴代理事長によるプレジデンシャルリースの伝達が行われました。明神理事長から井本次年度理事長予定者に無事伝達されました。

 

井本理事長予定者による挨拶が行われました。能動的市民による復旧・復興への力強い決意が述べられました。

特別会員会会長の槙岡達真様よりご挨拶をいただきました。豪雨災害に遭いながら事業を進めてきたことを労っていただきました。

 

 

続いて、卒業送別会が行われました。

 

卒業生の皆さんがF1マシンに乗ってに入場されました。

 

卒業生に1人ずつ壇上に上がっていただき、ゆかりのある方々と乾杯をしていただきました。

 

卒業生によるメッセージ動画が流されました。こちらもレーサー仕様というこだわりです。新谷委員長、大変お疲れ様でした。

 

原副理事長による謝辞です。

 

明日のためにを全員で斉唱しました。ソングリーダーは、槇田丈洋先輩と渡邊聡先輩でした。

 

志々田和典先輩に一本締めをしていただきました。

 

本例会をもちまして、公益社団法人呉青年会議所2018年度の事業は全て終了となります。

本年度は、豪雨災害への対応もあり、例年にない困難に直面した1年ではございましたが、皆様より、多大なるご支援をいただき、乗り切ることができました。この場を借りて、心よりの感謝を申し上げます。

次年度以降も、明るい豊かな社会の実現に向けて、尽力してまいりますので、皆様におかれましては、変わらぬ御支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

笑顔で創るまち呉~未来へつなゴー~

12月15日
呉市役所1階の多目的ホールに、モザイクアートの展示を開始しました。

このモザイクアートは、多くの呉市民の皆様の笑顔の写真を集め一つの作品を創ることで、呉のまちが復興に向かうエネルギーとなるのではないかと考え作製しました。

食の祭典で出店したブースでの撮影会や、呉海上自衛隊やボランティア活動に携わって頂いた本当に多くの方々の笑顔の写真4000枚で構成されております。

全ての写真を手作業で貼り付け、完成致しました。

近くに寄って見ると、一枚一枚の写真で出来ていることがわかります。

展示期間は本日12月15日~1月15日までとなっております。

奇しくも本日はJR呉線がようやく全線開通いたしました。

ご尽力いただいた方々に敬意を表すとともに、この呉のまちに多くの笑顔が溢れ、1日でも早い復興を遂げることを心よりお祈りいたします。

JCI少年少女国連大使事業

12月5日 JCI少年少女国連大使事業の啓発活動のため、広島県庁を訪れました。

湯﨑英彦広島県知事、平川理恵広島県教育委員会教育長は、共に熱心に奥原幸 国連大使の活動報告に耳を傾けて下さいました。

さらに大使の夢について質問されるなど、有意義な意見交換がなされ、今後の啓発活動へのエールもいただきました。
貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

12月第1例会

12月3日 12月第1例会がおこなわれました。

毎年12月第1例会は、次年度の理事、委員会の紹介をし、卒業するメンバーにお披露目する場でもあります。

まず理事長の挨拶では、夏に受けた豪雨災害で多くのロムの方々から支援を頂いたので、今後色々な形でお返ししていきたいとおしゃっていました。

その後に、次年度の理事長をされる井本理事長予定者が、来年のスローガン、基本方針を説明して下さいました。

例会では、総務委員長の高橋委員長予定者が、スローガンの発表の仕方など様々なこだわりを見せてくれました。

委員会紹介でも、各委員長がしっかり準備をしたのがわかり、素晴らしい発表をしてくれました。

来年も呉が元気になる事業を展開していきますので、よろしくお願い致します。

ボトムアップ事業②

11月18日 呉二河峡公園でボトムアップ事業⓶がおこなわれました。

この事業は『全メンバーが繋がり仲間になる』を目的とし、多くのメンバーが参加し盛り上がりました。


焚火をし、当日だけの仮想委員会のグループごとに調理をし、委員会の枠を超えてメンバーとの交流を深めることが出来ました。

日本焚火学会の佐々木様を講師としてお招きしてもらい、薪の割方、組み方、火のつけ方などを指導して頂きました。


上手く組めるチームや、苦労してるチームもありましたが、それぞれのチームで作った料理を食べ合いながら交流を深めて行きました。

事業の後半には、皆で焚火を囲み、ボトムアップ委員会が設けたテーマで語り合いさらにメンバーとの繋がり強くなりました。

呉青年会議所はメンバーとの繋がりを強化する事が出来たので、その強みを生かして呉のまちを『明るい豊かな社会』の実現に向けて活動してまいります。

Page Top