公益社団法人呉青年会議所 WEBサイト

活動報告report

仮入会員オリエンテーション

4月21日(日)、ビューポートくれにおいて、仮入会員オリエンテーションを行いました。

担当は、シーズアカデミー委員会です。 

LET’S START!!

仮入会員オリエンテーションは、毎年、仮入会員を対象として、JCのことを知っていただくために行うものです。

 

 

理事長挨拶は、本日は座学が中心となるけれども、これから仮入会員の皆様が活躍していただくために必要となる知識なので、是非とも身につけてもらいたいというものでした。

 

前半は、シーズアカデミー委員会が講師となり、講義を行いました。

まずは木内委員長が、趣旨説明とJCの歴史や基本的な事項を伝えました。

加藤副委員長が、JCIクリード、JCIミッション、JCIビジョン、JC宣言、綱領を説明しました。

これらを覚えることからJAYCEE LIFEが始まります。

 

渡部副委員長が,呉JCの説明を行いました。

 

 

第1部の締めくくりに、仮入会員の皆さんに、3分間スピーチでは話すことのできなかったことについて、自己紹介をしていただきました。

 

 

テーマは、「自分PR」でした。

 

 

皆さん個性豊かにしっかりと話をされていて、とても驚きました。以下、極めて簡単ではございますが、ご紹介させていただきます。

 

 

大塩 和孝 君

自己PRは、企業の組織再編や資金調達などの知識・経験豊富なこと。

 

三宅 清史 君

自己PRは,博多は任せて。

 

沖野 卓也 君

自己PRは、豊富な飲食業界での経験。

 

橋田 理一郎 君

自己PRは、和食なら何でも(!?)します。

 

 

現役会員も、仮入会員の頃を思い出して、勉強しました。

 

 

 

委員長挨拶は、この仮入会員オリエンテーションをスタートとして、仮入会員のみんなに頑張ってもらいたいという想いと、それをアカデミー委員会が全力でサポートするという決意が話されました。

 

 

後半は、懇親会です。「海軍さんの麦酒 麦酒館」において、すき焼きとしゃぶしゃぶをいただきながら懇親を深めました。

 

 

理事長挨拶は、理事長が仮入会員だったころの思い出を披露されました。

松村副理事長による乾杯のご発声で始まりました。

 

座学だけではなく、懇親を深めることで、より充実したJAYCEE LIFEがおくれることでしょう。

 

 

木内委員長を初めとされますシーズアカデミー委員会のスタッフの皆さんです。お疲れ様でした!

 

懇親会も大いに盛り上がりました。

 

 

 

懇親会から参加した仮入会員の方にも自己PRをしていただきました。

 

 

大町 優馬 君

自己PRは、見た目どおりの爽やかインテリ系

 

ジョーダン レンゲン 君

自己PRは、、、というより自己紹介を全て英語でしていただきました!

 

 

お二人とも、個性溢れる素敵な自己紹介でした。

 

 

すき焼きもしゃぶしゃぶもおいしかったです。

 

 

鈴木常任理事による謝辞。仮入会員の方にはこれからも積極的に参加していただき、メンバーとの交流を深めていただきたいとのことでした。

 

仮入会員の皆さまの今後の活躍に期待です!!

 

 

 

会員会議所会議

4月12日(金)、クレイトンベイホテルにて、会員会議所会議(KKK)が開催されました。

この会議は、広島ブロック協議会の各委員会から上程された議案を協議・審議するものです。呉青年会議所からは、広島ブロック協議会副会長として、糸谷 知剛君が、また、監査担当役員として、明神 政之君が出向しております。今後も糸谷君、明神君の活躍が期待されているところです。

会員会議所会議の後は、懇親会が行われました。

吉川直前会長に乾杯の御発声をいただきました。

懇親会の冒頭では、3月と4月生まれの役員に、広島ブロック協議会 龍永会長からプレゼントが手渡されました。おめでとうございます。

 

懇親会のアトラクションでは呉青年会議所のセクレタリーが中心となって、お手製のゴルフ場「呉JCカントリークラブ」を用意しました。

池やバンカーのある難コースを、ゴルフボールに代えてピンポン球で、クラブの代わりにスプーンなどの小道具という装備で回るというもので皆様大変手こずられておりましたが、大変な盛り上がりを見せました。

見事優勝されたのは、因島JCの毛利理事長でした。毛利理事長には井本理事長より、ゴルフボールが優勝賞品として、手渡されました。

会員会議所会議には広島ブロック協議会の皆さまや各LOMの理事長にもお越しいただきました。皆さまのおかげで、楽しい懇親会になりました。ありがとうございました。

4月例会

4月1日(月)、クレイトンベイホテルにて4月例会を行いました。

新元号「令和」が発表されたこの日、公益社団法人呉青年会議所の平成最後の例会となりました。

担当は、住岡直哉委員長率いるFirstStep委員会でした。

井本理事長による挨拶。今年は令和元年であるとともに,呉においては復興元年であるという意識をもってJC活動・JC運動を行っていこうとのお話がありました。

水野ブロックゴルフ大会実行委員長による報告と協力依頼がありました。

本年度の公益社団法人日本青年会議所中国地区広島ブロック協議会広島ブロックゴルフ大会は、呉の地で行われます。

成功に向けた想いが語られました。

公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会に中国地区経済再興委員会委員長として出向されている神田委員長による出向者報告がありました。

4月7日(日)に、呉の地で経済人会議を開くことが報告されました。

本年度中国地区コンファレンスを主管されます 一般社団法人東広島青年会議所 様より、キャラバン隊の皆様が来られました。なんと中国地区の全LOMにキャラバンをされているそうです。呉青年会議所からも明神直前理事長を初めとして、多数のメンバーを出向させていただいております。

本年度の中国地区コンファレンスの成功をお祈り申し上げます。

公益社団法人高知青年会議の 山本 悠童 副理事長 を初めとされます高知呉合同例会のキャラバン隊の皆様が来られました。

素晴らしい肉体美でした。

担当例会は、FirstStep委員会でした。

 

キーワードは「バンデュッてる!?」

 

住岡委員長による説明。FirstStep委員会の与えられたミッションであるリメイクの意義について話されました。

下中副委員長による趣旨説明。なぜ一方で地元に愛着を持っている呉市民が,他方で地域活動に参加する機会が減っているのかという問題意識のもと、カナダ人心理学者アルバートバンデューらが提唱した「自己効力感」が鍵になるとのお話でした。

アルバートバンデューラ風の出で立ちで登場した野津委員。自己効力感について分かりやすく説明しました。

自己効力感を生み出す要因として、情緒的高揚、言語的説得、代理経験、達成経験の4つがあり、段階を踏んで最終的に達成経験に到達することが重要であるとの話でした。

自己効力感に溢れた小田委員。

小田委員の代理体験を通じて、野津委員も覚醒しました。

吉村副委員長による説明。呉市民にも言語的説得を越えて、代理経験や達成経験を積み重ねることで、自己効力感が高まった状態、すなわち「バンデュッている」状態になっていただくことが重要であるとの話でした。

住岡委員長による委員長挨拶。リメイクを通じて、呉市民に働きかけていくことへの熱い想いが語られました。

海生常任理事による謝辞。

森田監事による監事講評。

 

3月例会

3月4日(月)、クレイトンベイホテルにおいて、3月例会を行いました。

本例会は2部構成となっており、前半を呉WAVE創造委員会が、後半をVitality Town委員会が担当しました。いずれも街づくり事業のための委員会であり、両委員会の1年間にかける想いの伝わる例会となりました。

井本理事長の挨拶は、例会に先立って行われた総会において、2018年度の事業報告及び決算報告が承認されたことへの労いに始まり、3月中に行われる入会候補者面接に向けて、メンバーが一体となって拡大に取り組まなければならないことを改めて話されました。

井本理事長から明神直前理事長に感謝状が贈呈されました。

今月は慶事報告がたくさんありました。詳細は割愛いたしますが、理事長より御祝が手渡されました。

3月例会前半は、呉WAVE創造委員会が担当です。メンバー全員で川柳大会を行いました。

例会前に提出された多数の川柳から選出された6句の中から、優勝者を当日の投票にて決定するというものです。テンションの高い堀越名人による寸評付きでした。

司会進行は藤井委員です。

堀越名人のほかに、自らの大会優勝を信じて疑わない井田冥人と、和装がきまった内冨迷人からもコメントをいただきました。

メンバーによる投票の結果、槙岡セクレタリーが優勝しました。扇子(センス)を獲得しました。

定森副委員長による趣旨説明。スライドを交えながら、「参加者」を「協力者」にしていくことが重要であると話されました。

内冨委員長の挨拶。呉の街に「共感の波」を起こす決意を話されました。

海生常任理事による謝辞。

後半は、Vitality Town委員会の担当です。小川副委員長による趣旨説明。

本年度行うクラウドファンディングについて、2018年度一般社団法人大阪青年会議所監事、公益社団法人日本青年会議所 LOM支援グループ 褒賞 副委員長を務められた戎健太郎先輩をお招きし、メンバー全員でクラウドファンディングについて学ぼうというものでした。

戎先輩プロフィール

戎健太郎先輩にご講演いただきました。

クラウドファンディングを成功させるためには、「共感」が重要であること、周りを巻き込んでいくためには、スタート時点において、メンバー全員で盛り上げていく必要があることなど、分かりやすく説明していただきました。

大下委員長の挨拶。

初めての試みに不安を感じつつも、共感をベースに市民の皆様を巻き込んでいくクラウドファンディングこそ、これからのJC活動に生きるものであるとの熱い想いを話されました。

鈴木常任理事による謝辞。

原監事による監事講評。

前半については、委員会全体で楽しみながら行っている点を評価されつつも、これから呉の街に共感の波を広げていくことが大事であるとの課題も与えられました。

後半については、クラウドファンディングもメンバー全員が強い気持ちをもって取り組まなければ成果が得られないとの戎先輩のお話を受けて、まさにJCがこれまで行ってきたことを活かすことができる手法であるので是非とも成功させてほしいとのお話がありました。

 

3月担当例会は、奇しくも、呉WAVE創造委員会、Vitality Town委員会とも「共感」がキーワードとなる例会でした。

公益社団法人呉青年会議所は、呉市民の皆様に多くの共感を拡げることができる事業を展開して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

2月例会

2月4日(月)、クレイトンベイホテルにて2月例会が行われました。

本例会は、「若者が時代を切り開く」をテーマに、木内委員長率いるシーズアカデミー委員会が担当しました。

また、本例会には、メンバー以外に、呉の街を共に盛り上げていく仲間として、74名もの方々にオブザーバーとしてご参加いただきました。当日ご参加くださいました皆様には、この場をお借りして御礼申し上げます。

井本理事長による挨拶。

例会では、奥原誠次郎先輩、杉原侑加子先輩、渡邉聡先輩をパネラーにお招きして、パネルディスカッションを行いました。進行役は渡部副委員長です。

先輩方からは、「街の森のアトリエ」を行うに至った経緯や背景、日本JCへ出向した際の経験、西日本豪雨災害発生時の高知Cの方々との繋がりなど、多岐に亘ってお話していただきました。

街づくりへの意識を各自が持つことや、様々な人と出会い、繋がることの重要性を、現役メンバーも再認識することができました。

奥原誠次郎先輩

杉原侑加子先輩

渡邉聡先輩

木内委員長による委員長挨拶。緊張感あふれるなか、拡大への熱い想いを語られました。

森田監事による監事講評。ソニー創業者の1人である盛田昭夫氏の「アイデアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない」という名言にかけて,「アイデアの良い団体は世の中にたくさんあるが、良いと思ったアイデアを実行することのできる団体は少ない」とのお話がありました。

第2部では異業種交流懇親会が行われました。乾杯のご発声は、明神直前理事長です。

懇親会の途中で、パネルディスカッションに参加していただいた先輩方に、現在の委員長が質問する時間が設けられました。

松村副理事長による謝辞。

本例会は、先輩方のお話をお伺いし、オブザーバーの方々と交流することで、現役メンバーも様々な刺激を受けることのできた例会でした。

最後にはなりますが、パネルディスカッションから交流会までお付き合いいただきました奥原誠次郎先輩、杉原侑加子先輩、渡邉聡先輩にこの場を借りて御礼申し上げますとともに、この度ご参加くださいましたオブザーバーの中から、一人でも多くの方が呉青年会議所のメンバーに加わわっていただくことをお待ちしております。

 

 

 

2019年度新年互例会

1月12(土)、クレイトンベイホテルにて、新年互例会を行いました。
多数の方にご出席いただき、盛大に2019年度のスタートを切ることができました。この場をお借りして御礼申し上げます。

本年度の新年互礼会は驚きの始まり。高橋委員長が歌い始めます。今年のスローガンである「To Be With!!」にちなみ、Mr.Bigの「To Be With You」にオリジナルの歌詞をつけた歌でした。

それに各委員長と理事メンバーが続き、最後は全員で大合唱。

井本理事長による所信表明。本年度のスローガン「To Be With !!」の説明とともに、基本方針として、①能動的な呉市民と共に創る活力溢れる力強い呉のまち②調和のとれた魅力ある呉JCの発信という2点の説明をされました。

呉市長 新原 芳明 様より、来賓のご挨拶をいただきました。

呉商工会議所 会頭 神津 善三朗 様より、来賓のご挨拶をいただきました。

海上自衛隊 呉地方総監部 管理部長 大久保 勝司 様より、来賓のご挨拶をいただきました。

呉市教育委員会 教育長 寺本 有伸 様より、来賓のご挨拶をいただきました。

明神直前理事長による乾杯のご発声です。


現役会員は、ご来賓や特別会員の皆様と貴重なお時間を過ごさせていただきました。

平原副理事長による謝辞

まさかのバイオリンによる美しい音色で締めくくられました。


最後は、出席者一同で「明日のために」を歌いました。

ソングリーダーは、2018年度専務理事の住井先輩です!

特別会員会 代表幹事 大塩 俊 様による一丁締めで新年互礼会を締めくくっていただきました。

2019年度も公益社団法人 呉青年会議所 を宜しくお願いいたします。

 

 

Page Top